条件の良い求人を見つけるコツ

日雇いの人

まずは求人サイトを一覧。
どこのサイトでもトップページで、"急募" "大至急" "○○日限定!!"といった派手な広告を出している会社があります。
このような企業を見つけたら、自分の働きたい条件に合う仕事かどうか必ずチェック!!

この形式でバイト募集をかけている企業の特徴は、人が足りなくて切羽詰まっている状態。

その背景はいろいろある。
①既存のバイトが大量に辞めてしまった為に急募
②新規オープン店で人員確保がままならない為に急募
③単発イベントのスタッフが確保できていない為に急募

この中で「①既存店のバイトが大量に辞めてしまった為に急募」は避けるべき。
ブラック企業である可能性が高いから。
牛丼チェーンすき家のバイトが、会社に愛想を尽かして大量にばっくれた話とか聞いたことありますよね。
大企業は資金力があるから、懲りずに大々的に広告を出していますが、完全にスルーです。

応募すべきは、「②新規オープン店で人員確保がままならない為に急募」と「③単発イベントのスタッフが確保できていない為に急募」です。

新規オープンの店は本当におススメ。
お店を作り上げていく経験を若いうちに積めるのは貴重です。
バイト代目当てではなく、経験値を高める目的で働くと良いでしょう。

単発イベントの急募は、お金を稼ぎたい人には超おススメ。
急募でバイトを募集しているという事は、責任者のミスです。
「ヤバイ!! ○○のイベントまでに間に合わないかも・・・」という心理状態。
そのような焦る気持ちで募集しているバイト求人は、相場より良い条件になりがち。
働く場所と日程さえ問題なければ、積極的に応募すると良いでしょう。

求人サイトを見る時にちょっとした豆知識を持っていると、簡単においしいバイトを選択する事が出来ます。

高時給なアルバイトを探せる求人サイト

  1. スタッフサービス

    スタッフサービス

    良い条件の仕事を探しているなら、まずは派遣登録

    その理由は、
    ①1日だけ・1週間以内の短期求人が豊富
    ②地方の求人も網羅されている
    ③一度登録しておけば、高時給の派遣バイトにいつでも応募可能

    登録型アルバイトだから、自分の都合に合わせて働けるのが魅力。
    高校生はNGだけど、大学生や専門学校の学生は登録可能。
    セカンドキャリアを模索する60代の登録受付にも積極的。

  2. anエリア

    anエリア

    働く場所を最優先にしてバイトを探すなら「anエリア」が一番。
    駅名や路線から探せるだけでなく、乗車駅と降車駅の区間指定をしてその区間内のアルバイト求人を探す事も可能

    また、「○○駅から5分以内」「○○大学の近く」等という検索もok!
    だから学校生活・サークル活動・友達を全部大切にしたいという人にピッタリなバイト探しが出来ます。

  3. フロムエーナビ

    フロムエー

    職種×勤務地×駅×働く期間(半日・1日以内~3ケ月以内まで)で検索OK。
    希望の仕事を見つけやすさはピカイチです。
    時給1,000円以上のお仕事特集も魅力的。

    夏休み期間中だけ働きたい人は、【半日以内】【1日以内】【1週間程度】【1か月以内】で、条件指定が可能です。
    毎週月曜日と木曜日に求人が更新されるので、ブックマークしてチェック!

  4. マイナビバイト

    マイナビバイト

    短期1日だけのバイトや、オープニングスタッフだけの求人を探したりする事が可能!!

    かなり、ワガママに条件設定してアルバイトを探せるのが特徴。
    だから、希望の仕事が見つかる可能性は大!!
    夏休み限定の短期日雇いバイトも見つけやすいです。

バイトの時給が上がらない訳がない

仕事を頑張る女性

「もう何年も勤めているのに、なかなかバイトの時給が上がらない。」と嘆いている人がいますが、それは変です。
2~3年前と現在の状況は全然違います。

数年前前まで昼のコンビニバイトの時給は850~900円(都心)でした。
それが今は1,000円以上の募集がザラ。
夜勤に至っては1,300円以上という好条件。

世の中がデフレからインフレに変わろうとしているので、流動性のあるバイトの時給は一気に跳ね上がっています。

もし今勤めているバイト先が時給をあげてくれないのなら、バイト先を探し直した方がいいでしょう。
今は積極的に高時給を狙える時です。

ページの先頭へ戻る